超像可動        ラオウ         レビュー

フィギュア

発売日2021年4月 定価9600円。

ケンシロウ兄さんに続く超像可動シリーズ第2弾!

これまた原先生の描く劇中のラオウパイセンそのものです。

とにかくこのシリーズの再現度は異常です。

パッケージ表。

パッケージ裏。

かなり嬉しいセリフプレート。

やはりジョジョシリーズのような、プラスチック製のプレートも欲しくなりますね。

セット内容。

オプションヘッドパーツ×1個、オプションハンドパーツ×4個、拳エフェクト×1個。

左の拳エフェクトの色は赤です。ケンシロウは青でした。

パチスロ北斗の拳の影響でしょうか、青=ケンシロウ、赤=ラオウが一般化している気がします。

叫び顔も完璧。ケンシロウの叫び顔は少し迫力に欠けてましたが、ラオウはかなり険しい表情で迫力満点です。おデコのシワが肉割れみたいです。

本当に劇中のラオウパイセンそのもの 。

顔アップ。

骨格がまさにラオウパイセン。少し骨張ったアゴのラインが特に秀逸です。

そして原作準拠のシルバーヘアー。

アニメ版の黒髪も見てみたいものです。

胸元の鎖カタビラみたいなのがオシャレポイント。精密に作られてます。

全身。正面。

ゴリゴリです。

アーマーがゴールドなので、厳かな雰囲気に加え高級感もあります。

持ってるだけで金運が上がりそうです。

右斜め前。

ケンシロウ兄さんよりもさらにゴリゴリのゴリマッチョです。

横。

とにかく腕がゴリゴリに太い。よくぞこの体型を可動フィギュアで表現できたものだと感動しました。

後ろ。

もうゴリラにしか見えなくなってきました。体鍛えまくったマウンテンゴリラです。

かなりデカいです。

フィギュアーツのブルース・リーと比べるとこんな感じです。

可動チェック。

ケンシロウ兄さんよりもさらに筋骨隆々なので、手足はこれくらいが限界です。それでも思ってた以上に動きます。

名シーン。

黒王号は発売されていないので、シャクレル狼で代用。

ラオウパイセンはやはり動物に乗っかってる姿が様になります。

「ウヌゴロウさん登場!!」

期待通りの素晴らしい完成度です。少し動かしづらいところもありますが、それを補って余りある造形美です。余裕があれば保管用にもう一体欲しいくらいです。この先ver.2.ver.3等が発売される可能性もあると思いますが、おそらく私はフルコンプすることになるでしょう。黒王号が発売されたら遊びの幅がさらに広がりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました