超像可動        ケンシロウ       レビュー

フィギュア

発売日2021年2月 定価8200円

超像可動北斗の拳シリーズ第一弾。

もちろんケンシロウ兄さんです。

哀しみを知り尽くした漢の顔です。

原作終盤の少し丸みを帯びた顔ですね。

とにかく顔面のクオリティが凄まじい。原先生が描くそれそのもの。

流石はメディコスさん。

パッケージ表。

パッケージ裏。

これはコピーして使えそうです。プラスチック製のプレートだとより良かったと思います。

セット内容。

オプションヘッドパーツ×1。    オプションハンドパーツ×2。 右の百裂拳エフェクトと拳エフェクトで色々と遊べそうな予感がします。

叫び顔はもう少し険しい表情でもよさそうです。

顔アップ。哀しい目をしています。

そりゃこれだけ哀しい目をしてたら無想転生もマスターしますね。

/

ほんとに目が原作そのもの。

全身。正面。

ジャケットとパンツのシワと光沢がイカしてます。

斜め前。

ショルダーアーマーと腕のテーピングのエイジング感も半端ないです。

横。

後ろ。

とにかくイカつい。

可動チェック。

筋肉モリモリですが、思った以上に動きます(^o^)

首の動きだけは少し渋い感じですね。

左腕はショルダーアーマーがあるので無理はしない方が良さそうです。

超絶イケメンなので、何をやらせても様になります。

イケメンなので、何を持たせても様になります。

スライムを抱えててもカッコいい。

ケンシロウ兄さんのモデルはブルースリー先生だと聞いたことがあります。

ブルースリー先生のこの顔は大好物です。使い倒してます。

ジョジョシリーズで培った技術が遺憾なく発揮されてます。メディコスさんの再現力には脱帽です。この先ラオウ、レイ、サウザーは製作予定みたいです。何とかアインを出してもらえないでしょうか。「やるじゃない!」の顔パーツ付きでお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました