超像可動        ストーン・フリー     レビュー

フィギュア

発売日2014年7月 定価4800円

ストーン・フリーはジミ・ヘンドリックスのシングルのB面曲のタイトルですね🤔リマスター版のファーストアルバムにはボーナストラックとして入っていた気がします🤔

ジミヘンネタだと5部ではパープル・ヘイズ。7部では馬の名前にジミヘンの曲名が多く使われてますね(`・ω・´)ゞ

おそらく性別は女性です。

初めて見たときはコブラに出てくるアーマロイド・レディにしか見えませんでした(´゚д゚`)

途中からこの人型の顔になりました。

最初は鼻も口もないもっとロボロボした顔でしたね🤔

パッケージ表。

パッケージ裏。

セット内容。

叫び顔と初期のロボ顔🤖

こうやって見るとロボ顔もなかなか味があって良いものです(`・ω・´)ゞ

顔アップ。

全身。正面。

斜め前。

後ろ。

腕、ふくらはぎの糸状の造形も完璧です(゜o゜;

可動チェック。

徐倫同様、細いのでガシガシ動きます🙆

ストーン・フリーちゃんは女の子なので、セクシーポーズがよく似合います(`・ω・´)ゞ

何だか色っぽいスタンドです(゜o゜;

雌豹のポーズもこなします(`・ω・´)ゞ

80年代のアイドルポーズもビシッと決まります(`・ω・´)ゞ

ファッション誌の表紙にも対応できます(`・ω・´)ゞ

前期顔を含めてヘッドパーツが3つあるのはありがたいです。体の内側の糸状の造形やショルダーアーマーの意匠など、いつも通り安定の完成度です。左手首の関節が少し緩い気がしますが、おそらくは個体差の範疇でしょう。セカンドカラーが発売されたらまた購入します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました