フィギュアーツ     ブルース・リー      レビュー

フィギュア

発売日2016年1月 定価5940円

バンダイさんのデジタル彩色の技術は革命ですね🙆

生きてるみたいです((((;゚Д゚))))

パッケージ表。

パッケージ裏。

セット内容。

右の狂気を感じる顔が最高です((((;゚Д゚))))

普通に怖いです((((;゚Д゚))))

顔アップ。

イケメンです(`・ω・´)ゞ

全身。正面。

斜め前。

横。

可動チェック。

燃えよドラゴンの時にやってた構え。

細マッチョなので干渉もなくゴリゴリ動きます(^o^)

足の可動範囲もかなり広いです。

腕もよく動きます。

そしてこの顔((((;゚Д゚))))

トドメを刺すときにこの顔だったイメージがあります🤔

この顔面の使い勝手の良さは異次元です(´゚д゚`)

少しフザケてみます。

デジタル彩色を採用した商品の中では、かなり初期のものになりますが、とくにプリントのズレなどもなく、ブルースリーの表情を見事に表現しています。やはり特筆すべきは狂気の叫び顔の使い勝手の良さでしょう。この先の投稿でも使いまわしてしまう予感がビンビンです。ブルースリーと言えばMr.顔芸でお馴染みですので、新しいバージョンが発売になった際には更なる変顔のオプションに期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました